先進事例

投票率向上施策「民主主義ソーセージの販売」(オーストラリア・シドニー)

背景

  • 投票率向上の必要性
  • 選挙をイベント化し、有権者が楽しめるようにする

事例の概要

オーストラリア総選挙で、投票所となった小学校で保護者らが「民主主義のソーセージ」を調理・販売。

2016年に首相だったターンブル氏が投票所を訪れた際に

「オーストラリアの民主主義は、ソーセージ・シズルの香りなしでは成り立たない」

と発言し、話題となった。

効果

  • 投票所の魅力化
  • 選挙のイベント化
  • 投票率の向上

解説

オーストラリアでは、選挙は義務投票制のため、9割を超える有権者が投票に訪れます。

18歳以上の有権者は正当な理由なく投票を怠ると、罰金20ドルが科せられるということです。

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5