行政

VFM(バリュー・フォー・マネー)をわかりやすく解説

VFM(バリュー・フォー・マネー)とは?

支払う金額に対して、最も価値の高いサービス(バリュー)を供給するという考え方のことです。

VFMの評価は、PSCとPFI事業のライフサイクルコストの比較をして、行います。

PFI事業のライフサイクルコストがPSCを下回ればPFI事業の側にVFMがあるということになります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5