法律

偶然防衛をわかりやすく解説

偶然防衛とは?

急迫不正の侵害に対して、防衛の意思なく、偶然に防衛の結果を生じさせた場合を言います。

例えば、AがBを凶器で殺した場合、Aが凶器を使用した瞬間にBはCを殺そうとしていて、結果的にAの行為により、Cの命が救われた場合などがあげられます。

結果無価値論からはAの行為について正当防衛の成立を認めますが、

行為無価値論からはAの行為について正当防衛の成立を認めません。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5