行政

固定資産台帳をわかりやすく解説

固定資産台帳とは?

固定資産を個々の資産ごとに管理するための台帳のことです。

取得時の状況や減価償却の履歴を記入し、帳簿で管理します。

所有する全ての固定資産(道路、公園、学校、公民館等)について、取得価格や耐用年数等のデータを網羅的に記載し、財務書類の作成などで活用されます。

固定資産とは?

固定資産とは以下の要件に当てはまるものを言います。

  • 内部で使う
  • 使用可能期間が1年を超える
  • 取得価額が一定以上の金額

固定資産には、主に以下の2種類の資産があります。

  • 償却資産(価値が減少する資産)→「有形固定資産」と「無形固定資産」に分けられる
  • 非償却資産(土地のように価値が減少しない資産)

固定資産台帳の作り方

固定資産台帳のフォーマットは特に決められたものはなく、以下の項目を記入し、作成します。

  • 固定資産名
  • 種類
  • 取得年月日・供用年月日
  • 耐用年数
  • 償却方法
  • 償却率
  • 摘要
  • 取得価額
  • 減価償却額
  • 帳簿価額

フォーマットは特にないとのことですが、エクセルなどでテンプレートを作成し、毎年同様のフォーマットにしておくと便利です。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5