行政

経常一般財源をわかりやすく解説

経常一般財源とは?

一般財源のうち毎年度経常的に歳入されるもののことです。

使途が特定されず、毎年度経常的に歳入される財源のことです。

経常一般財源の割合が高いほど、収入が安定しており、財政運営の自主性が確保されていると言われます。

主に、普通交付税、地方譲与税、地方特例交付金、地方消費税交付金、法定普通税、市町村たばこ税都道府県交付金、使用料、手数料、財産収入などがあります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5