行政

合併特例債をわかりやすく解説

合併特例債とは?

合併特例債とは、市町村合併を経た自治体が、借りることのできる地方債のことです。

返済する元利償還金の70%が普通交付税によって措置されるため、有利な財源とされています。

その一方で、合併特例債を原資として実施させる公共事業が多く行われたため、

建設後の維持経費や施設の採算に頭を悩ませている自治体も数多くあります。

「建設したのはいいものの・・・」という実態があらゆる自治体で見受けられます。

「合併特例債という甘い蜜」と揶揄される所以です。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5