法律

逮捕・勾留一回性の原則をわかりやすく解説

逮捕・勾留一回性の原則とは?

同一事件について、逮捕・勾留は、一回しか行うことができないという原則のことです。

何度も逮捕・勾留ができてしまうと、捜査機関が権力濫用をする恐れも出てきますし、

不当な身柄拘束の蒸し返しにつながります。

逮捕・勾留が一回しかできないからこそ、慎重に捜査を進めることが必要になります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5