用語

包括管理委託をわかりやすく解説

包括管理委託とは?

包括管理委託とは?

公共施設の管理手法のことです。

通常、公共施設は部署ごとに管理がされており、部署ごとに保守点検などが業者に委託されています。

そういった部署ごとの委託ではなく、様々な保守点検などの業務を一括して業者に委託するのが「包括管理委託」です。

通常の施設管理の例

例えば、庁舎の管理は管財課、市民体育館の管理はスポーツ振興課、小中学校の管理は教育総務課など各課が所管しています。

庁舎の保守点検はA業者に委託し、市民体育館の保守点検はB業者に委託し、小中学校の保守点検はC業者となるので、各課でそれぞれ事務が発生します。

包括管理委託の例

例えばY市では保有する施設の保守点検の業務を、一括して民間の事業者に委託しています。

担当課の事務量の削減だけでなく、施設管理の質の向上、業務効率化などが実績としてあがりました。

包括管理委託のメリット

「事務負担の軽減」だけでなく「サービス水準の向上」「管理業務の効率化」がメリットとしてあげられます。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5