用語

不退去罪をわかりやすく解説

不退去罪とは?

不退去罪とは?

他人の家などに侵入し、退去の要求を受けたにもかかわらず、退去しない罪のことです。

類似の罪である住居侵入罪との違いは以下のとおりです。

罪名内容具体例
不退去罪他人の家などに侵入し、退去の要求を受けたにもかかわらず、退去しない罪住居に入る際には歓迎されていたが、その後、住民から退去要求を受けたにもかかわらず退去しないケース
住居侵入罪正当な理由なく他人の家に侵入する罪当初から不法に住居に押し入っていたケース

保護法益については、住居侵入罪と同様です。(以下、条文参照)

参考条文

刑法第130条(住居侵入等)

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5