用語

普通財産をわかりやすく解説

普通財産とは?

普通財産とは?

国や地方公共団体が所有する財産(土地、建物)のうち行政財産を除くすべての財産のことです。

具体的には、廃止された公共施設や施設跡地などがあります。

国や地方公共団体が所有する財産の区分は大きく「行政財産」と「普通財産」の2種類に分類され、「行政財産」は「公の施設」と「庁舎等」に分類されます。

分類具体例
行政財産「公の施設」市営住宅
行政財産「庁舎等」市役所本庁舎
普通財産廃止された市立小学校

普通財産は行政財産と異なり、国や地方公共団体が私人と同等の立場で所有し、貸付契約や売却などを行うことができます。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5