用語

自賠責保険をわかりやすく解説

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、「自動車損害賠償保険」の略称で、自動車の保有者に加入が義務付けられている保険のことです。

すべての自動車の保険加入を義務付けることで、無保険を防ぎ、自動車事故の被害者救済を目的としています。

自動車損害賠償法で規定があります。

自賠責保険に加入しなかったら

自賠責保険に加入しなかった場合、以下の2つのペナルティが科せられます。

  • 自賠責保険に加入せずに運転した場合の処分:「50万円以下の罰金または1年以下の懲役」+「違反点数6点(免停)」
  • 車検を受けることができない

自賠責保険の範囲

人身事故のみが補償の対象です。

支払限度額は被害者1名につき次のとおりとなっています。

  • 死亡による損害:最高3,000万円
  • 後遺障害による損害:最高4,000万円
  • 傷害による損害:最高120万円

このため、多くの人が「任意保険」といわれる自動車保険に加入しています。

調査によって異なりますが、約9割が加入していると言われています。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5