用語

ジョブ型人事制度をわかりやすく解説

ジョブ型人事制度

とは?

ジョブ型人事制度とは?

「職務(ジョブ)の内容や求める能力」などで人材を採用し、職務に応じて処遇する人事制度のことです。

欧米では主流の人事制度となっています。

募集の際には、職務内容や求める能力などを詳しく記した職務記述書(ジョブディスクリプション)を用い、雇用主と雇用希望者のマッチングを図ります。

仕事や働く場所が限定されるため、配置転換や転勤は原則ありません。

これに対して、日本では「メンバーシップ型」が主流な制度であり、新卒一括採用と終身雇用、年功序列が基本となっています。

優秀な若手や海外人材の獲得に不向きとされています。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5