法律 用語

株主優待制度とは?わかりやすく解説

株主優待制度とは?

株主優待制度とは?

株主優待制度とは、一定の株式を保有する者に特典を与える制度のことです。

例えば、飲食を提供する企業の「食事優待券」が、株主優待にあたります。

株主優待制度は、一定の株式を保有していない者に対しては権利がないため、平等原則違反との指摘もありますが、

「議決権」「剰余金配当請求権」のように法律上、強く平等が要請されている権利ではないため、目的達成のため、合理的必要性がある範囲内で認められるとされています。

目的

株主優待制度の目的として、

  • 安定株主の確保
  • 自社サービスの宣伝

などがあげられます。

効果

株主優待制度の効果として、

  • 株式の購入意欲の増進

があげられます。

-法律, 用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5