先進事例

香川県の経常収支比率ランキング

香川県の経常収支比率ランキング(R元年度)

高松市93.4
丸亀市93.3
坂出市89.6
善通寺市93.8
観音寺市92.9
さぬき市96.5
東かがわ市92.6
三豊市94.8
土庄町92.6
小豆島町96.0
三木町86.3
直島町90.3
宇多津町92.4
綾川町83.6
琴平町92.6
多度津町91.5
まんのう町87.4
全国平均(H30)93.0

経常収支比率とは、地方公共団体の財政構造の弾力性を表したものです。

経常的な経費(人件費、扶助費、公債費など)に、経常的な収入(地方税、地方交付税、地方譲与税など)がどの程度充当されているかの比率を示しています。

この比率は70%〜80%の間が理想とされています。

経常収支比率=(経常的な経費)/(経常的な収入)×100

例えれば、一般家庭で言うところの「エンゲル係数」みたいなものです。

香川県内の市町では、さぬき市がワーストの96.5となっています。

最も健全なのは綾川町で、83.6となっています。

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5