法律

成年後見制度をわかりやすく解説

成年後見制度とは?

成年被後見人に成年後見人が選任される制度のことです。

成年被後見人とは、重度の認知症患者のように「判断能力が常に全くない人」のことです。

成年後見人とは、家庭裁判所で選任される成年被後見人の法定代理人のことです。

成年被後見人になるには、

家庭裁判所で後見開始の審判を受けることが必要となります。

成年被後見人になると、

原則として、行為能力は認められず、

自身の行為は取り消すことができます。

法律行為については、成年後見人が代理して行うことになります。

ちなみに、制度の利用状況についてですが、

成年被後見制度の利用人数は約17万人となっています。

これは、認知症患者総数が約460万人(2012年時点:平成29年度高齢者白書)

であることを考慮すると、

制度の利用がほとんどされていないことがわかります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5