法律

業務上横領罪をわかりやすく解説

業務上横領罪とは?

業務上、委託を受け、他人の物を占有している者が、横領をする罪のことです。

保護法益は、個人の財産です。

例えば、銀行のように他人のお金を保管している場合、着服をすれば、「業務上横領罪」が成立します。

「業務」とは、社会生活上の地位に基づき、反復継続して行われる事務のことです。

「横領」とは、委託の趣旨に背いて、権限なく財産等を処分することです。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5