法律

民法第711条をわかりやすく解説〜近親者に対する損害の賠償〜

条文

第七百十一条 

他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。

わかりやすく

他人を殺した人は、その被害者の父母、配偶者、子に対して、損害賠償しなければならない。

解説

本条文の趣旨は、「損害の発生及び加害行為」と「損害」との間の因果関係の立証責任を軽減した点にあります。

通常の場合、権利を主張する側が、その権利について、立証する責任が生じますが、本条文では、その立証責任が軽減されているのです。

本条文があることで、遺族が損害賠償する時は、「少し請求しやすくなる」と考えることもできるでしょう。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5