法律

民法第779条をわかりやすく解説〜認知〜

条文

第779条 嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。

わかりやすく

結婚せずに生まれた子は、父または母が認知することができる。

解説

結婚せずに生まれた子については、

  • 母が自身の子として認知
  • 父が自身の子として認知
  • 父母不明の子(例として、遺棄された子)

の3パターンが主に想定されます。

上記のような「結婚せずに生まれた子」について、父または母が認知することができるとしたのが本条文になります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5