法律

民法第761条をわかりやすく解説〜日常家事債務〜

条文

第七百六十一条 

夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。

ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。

わかりやすく

夫婦のどちらかが日常家事のことで、法律行為をした時は、もう一方は、これによって生じた債務について、連帯責任とする。

ただし、第三者に対して責任を負わないことを宣言してあるものは、連帯責任にはしない。

解説

本条文は、日常家事債務の処理をよりスムーズにするために、

夫婦相互間に日常家事に関する代理権を与えたものと解されています。

「日常家事」とは、夫婦が生活をしていく上で必要な法律行為のことを指します。

「日常家事」か否かの判断は、客観的に、法律行為の種類や性質等を考慮して行うこととされています。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5