先進事例

民設民営の公民館「オモケンパーク」(熊本県熊本市)

背景

  • 熊本地震によるビルの倒壊
  • 地下水で生活している熊本のまちの井戸を復活させたいというオーナーの思い

事例の概要(実施主体:民間)

井戸は「まちの潤い」と「人の集う場」であることから、熊本地震により倒壊したビル跡地に「オモケンパーク」をオープン。

そのコンセプトは公民館的な発想もあり、全国的にも珍しい「民設民営の公民館」と言われることも。

オーナーである面木 健氏の名前より「オモケンパーク」としている。

パーク内にはカフェの併設もあり、地域のコミュニティの場を目指している。

オモケンパークが目指すのは、熊本地震以降深まった、人々の「つながり」をもとに、熊本に新たな「賑わい」や「新しい価値」を共に創出していける“場”となっていくこと。熊本らしい・自分らしいひとりひとりのライフスタイルだけでなく、持続可能な熊本の未来、日本の未来を共に考えるカルチャーを発信していく。そんな“自分たちの社会や暮らしを共にデザインしていく場所”でありたいという願いを込めて、私たちは「ソーシャルデザインパーク」と呼んでいます。

オモケンパークHPより抜粋

効果

  • 地域の賑わいづくり
  • 地域コミュニティの創出

施設の概要

施設名:オモケンパーク

住所:熊本市中央区上通町7-7-1

開館時間:8:00〜20:00

(参考)オモケンパーク

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5