用語

死後離婚をわかりやすく解説

死後離婚とは?

死後離婚とは?

配偶者が亡くなった後に、姻族関係を終了させることです。

配偶者が亡くなった場合、配偶者との関係である婚姻関係は解消されますが、配偶者(故人)の親族との姻族関係は継続します。

そのため、姻族関係を終了させたい場合には「死後離婚」の手続きを取る必要が出てきます。

「死後離婚」の手続きとして、「姻族関係終了届」を市町村に提出する必要があります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5