用語

指標連動方式をわかりやすく解説

指標連動方式とは?

指標連動方式とは?

指標連動方式とは、PFI契約等(包括的民間委託契約等を含む)の中で、利用料金の生じないインフラに関しては、指標を設定し、委託料等の一部又は全部を「指標の達成」状況に応じて支払う方式のことを言います。

制度趣旨

指標連動方式の考え方は成果連動型民間委託契約方式(PFS:Pay For Success)の定義をベースとしています。

主に利用料金の生じない公共施設等について実施される事業について、指標を設定し、それに応じた支払いをすることを基本としています。

維持管理に必要な一定の経費は定額払いとすることもできるように、支払う金額の一部のみを指標に連動することができるよう制度化しています。

指標の具体例

  • 損傷に対する対応時間
  • 通行止めの許容時間

など

効果

  • 民間の創意工夫による効率的・効果的な維持管理の実施
  • 良好なサービス水準を確保するためのインセンティブになる

など

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5