先進事例

庁舎のフリーアドレス化(愛媛県西予市)

背景

  • 人口減少による職員数の減少予測
  • 行政サービスは維持しなければならない現状
  • 従来型の組織では、変化の激しい時代に対応することが困難

事例の概要(実施主体:市)

市は、京都工芸繊維大学仲研究室、東洋大学戸梶研究室、

オープン・エーの3者との間で、オフィス改革に関する連携協定を締結。

具体的な取組み

  • 協定締結の後、職員向けの講演会やワークショップを実施
  • ペーパーレス化
  • 書類棚の撤去
  • 段階的なレイアウト変更を実施し、フリーアドレスを実現

※フリーアドレス:オフィスの中で固定席を持たずに、ノートパソコンなどを活用し、カフェや図書館のように、好きな席で働くワークスタイルのことです。アドレス(住所)がフリー(自由)であるとのことから、フリーアドレスと言います。

効果

  • 横断的なコミュニケーションが可能に
  • コミュニケーション改善による新規事業の創出

など

西予市の概要

場所:愛媛県南西部

人口:約36,000人 (R3.12現在)

面積:514.8 km²

(参考)西予市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5