先進事例

東京都檜原村ってどんなまち?住んでいるまちの全体像をつかもう!

檜原村(ひのはらむら)の概要

場所:東京都多摩地域西部、山梨県境、神奈川県境

人口:約1,960人 (R3.9現在)

面積:105.4㎢

交通:最寄り駅は、JR東日本五日市線武蔵五日市駅

檜原村の財政状況

財政指標

債務残高11億円(2010年)
基金残高2.3億円(2010年)
経常収支比率72.5(2010年)
人件費率12.7%(2016年)
扶助費率

かなり昔のデータしか見当たりませんでしたが、比率などは大きく変わっていないことだろうと思われます。

経常収支比率などは悪くなく、自治体の経営状況としては、まずまずといった数値です。

バランスシート(2011年)


【資産の部】
231億円
 【負債の部】
37億円

 【純資産】
194億円

自治体の財政状況を正確に掴むためには、バランスシートを見る必要があります。

バランスシートを見ると、行政によくあるバランスシートで、良くもなく、悪くもなくと言ったところです。

檜原村の特徴

檜原村は、総面積の約90%以上が林野であり、村の約80%が秩父多摩甲斐国立公園になっている自然豊かな村です。

主要産業は第3次産業であり、観光産業の割合も高めとなっています。

観光客は年間約40万人が訪れていると言われ、観光スポットとしては滝などの自然景観を推しています。

また、自然を活かしたアクティビティにも力を入れています。

都心から2時間足らずで訪れることのできる大自然をうたった村ですが、やはり冠には「東京都」がついているため、地元の人たちはオラが村にプライドを持っています。

参考

檜原村

檜原村観光協会

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5