先進事例

業務改善・人件費削減(福島県伊達市)

背景

H18年、5町合併により現在の伊達市となる。

合併特例期間の終了に伴う大幅な地方交付税の逓減に

耐えうる経営基盤の構築にせまられ本事業を発案。

事例の概要

「Date Task Innovation(伊達 業務 革新)」と称して、

民間手法「トヨタ生産方式」を用いて徹底した業務効率化を実施。

省力化を通して人材の有効活用を行う。

「Date Task Innovation」の具体的な活動は以下のとおり。

  • 徹底した整理整頓清掃によるムダの顕在化
  • 全庁での業務洗出し表作成による「業務の視える化」
  • 作業手順書作成による既存業務のムダ取りと、最も効率的な業務フローの全庁展開

効果

  • 「業務の視える化」による業務の最適化・効率化
  • 業務の最適化・効率化により組織と職員配置を適正化。人員増に拠らず繁忙部署への人材配置を実現。
  • 本庁窓口と4総合支所間の統一作業構築のため本庁で作業手順書を作成。

伊達市の概要

場所:福島県北部

人口:約58,000人 (R3.11現在)

面積:265.1㎢

(参考)伊達市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5