先進事例

不登校支援プログラム(神奈川県鎌倉市)

背景

  • 感覚過敏など子どもの特性に起因する不登校など

事例の概要(実施主体:市教委)

不登校支援策「ULTLA(ウルトラ)プログラム」の実施。

子どもの特性を「見える化」して、自分に合った学習方法を試し、

自分らしい学びのスタイルを探し、見つけることを目標とします。

具体的には、自然の中で地引網を引いたり、

竹で楽器を作ったりなどの活動を通じて、学習していきます。

実施主体:鎌倉市教委

委託先:SPACE(スペース)(東京都世田谷区)

※「SPACE(スペース)」は、「異才発掘プロジェクトROCKET(ロケット)」のプロジェクトリーダーだった福本理恵さんが起業した会社。

効果

  • 不登校が解消
  • 子ども自身の自分を見つめなおす機会創出

など

鎌倉市の概要

場所:神奈川県南部

人口:約173,000人 (R4.1現在)

面積:39.6 km²

(参考)鎌倉市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5