コラム

ネットのつながらない自治体は鎖国同然?!個人情報保護という行政の言い訳

現代の鎖国

インターネットの普及がはじまり、はや20年。

その後、スマホが普及し、ネットにつながった世界が急速に広がりました。

インターネットにつながることで情報が共有され、誰でもネット環境さえあれば、時代のニーズを掴み取ることのできるチャンスを手にしました。

インターネットのいいところは、「優れたものを共有することができる」というところが一つあります。

社会経済活動の中で、世界中の人が、どのようなことをしているか、瞬時に把握することができます。

インターネットを使うことができないと時代に取り残されてしまいます。

かつての日本も鎖国のように殻に閉じこもった政策をして、世界から取り残されました。

・・・そんなことが、国内の様々な自治体で起こっているのです。

・・・いや、おそろしい。

未だネットつながらず

国内の多くの自治体で、職場のパソコンがネットにつながらないという「とんでも」事態が起きています。

・・・というのも、自治体には「個人情報保護」という大義名分があります。

これを言い訳に(?!)インターネットにつながらない環境を作っているのです。

行政だけの閉ざされた空間である「LGWAN(総合行政ネットワーク)」という行政専用のネットワークのみ提供し、外部の世界は遮断しているのです。

これでは、時代の流れにはついていけません。

民間と仕事をすることも多い自治体ですが、話についていけません。

特にデジタル化がはかられる分野では、業者のカモになりかねません。

実際、自治体は業者からするといいカモなのが現実です。

大したことのないシステムで億単位をぼったくられることなんか、日常茶飯事です。

まずはネット環境を

日本中が、高度経済成長期以降の過剰行政の結果、苦しい財政事情を抱えています。

そんな中、人口は減り、過疎、高齢化が進んでいます。

そんな誰も経験したことのない社会が待っている中、切磋琢磨し、知恵を絞らないといけないのに、ネットにつながらないなんて・・・。

そして、スマホを使えば、「職員がスマホをいじっている!!」と苦情を言われ、人事課から注意される始末。

最悪ですね。

個人情報保護が大事なのは理解できますが、個人情報が漏洩しないように最善を尽くせば良いことですし、それで個人情報が漏洩するリスクと時代に取り残されるリスク、どちらがリスキーなのでしょうか?

わたしは、後者の方がリスキーと感じます。

あとは、自治体トップの理解と自治体職員個々人の情報分野リテラシーの向上しかないですかね。

まずはネット環境が必要です。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5