コラム

田中角栄「遠い親戚より近くの他人」の重要性

「遠い親戚より近くの他人」とは?

子育て支援では、時々、この言葉を耳にすることがあります。

遠い親戚より近くの他人の方が、頼れるし、困った時に助けになるということです。

子育ては、大変で、時に孤独なものになりがちです。

周囲に祖父母など支援者がいれば、孤独感も薄れますが、

そうでなければ、親は子どもとのみ向き合わなければならなくなり、息もつまります。

家族、親戚でなくとも、近くに子育ての悩みを共有することのできる「友達」がいるだけでも違います。

家事や育児の悩みや情報を共有し、孤独でつらい子育てではなく、

楽しみながら子育てをしていくことが大事になってきます。

孤独にならないことが重要です。

「遠い親戚より近くの他人」なのです。

田中角栄の「遠い親戚より近くの他人」

この「遠い親戚より近くの他人」という言葉、実は田中角栄も発しています。

遠い親戚より近くの他人の方が大事だ。

自分が金持ちでも近所隣が貧乏では結局やっていけない。

みんなが良くなれば自分も良くなる。

田中角栄100の言葉(宝島社新書)

これは、日本と近隣諸国との関係を表したものになります。

田中角栄の成した仕事の代表的なものに、日中国交正常化があげられます。

今では、あまり知られていませんが、田中角栄は、日中外交の先駆者でもあるのです。

田中角栄の言葉からみる現在

この言葉を踏まえ、現在の日本と近隣諸国との関係を見ていくと、考えさせられるものが非常に多くあります。

韓国との関係はもちろん、中国との関係も決して、褒められたものではありません。

国益を考えた際に、「近隣諸国」といかに関係を築くのが賢明なのでしょうか。

外交の天才、人心掌握の天才、田中角栄の言葉を思い出す必要があるように思います。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5