ライフ

公務員こそ300万円で会社を買うべき?!公務員の資産防衛術

サラリーマンは300万円で会社を買うべき?!

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

という本があります。

著者はベンチャー投資家の三戸政和さんで、

サラリーマンの個人M&Aを推奨する内容となっています。

  • 人生100年時代で資本家になりましょう!
  • 起業ではなく中小企業を個人買収しましょう!

といったことが書かれています。

本書の内容は決して思い付きの絵空事ではなく、

企業の探し方や買収の際のリスクの抑え方、

買収候補の財務分析の仕方など

かなり具体的な内容になっています。

著者のノウハウが惜しむことなく書かれている良書です。

公務員こそ会社を買うべき!

本書では読者にサラリーマンを想定されていますが、

公務員こそ本書のメッセージを受け取る必要があります。

公務員として兼業許可を取る、取らないは横に置いておいて、

(個人的には兼業許可は不要であると考えます。)

中小企業の経営こそ、公務員がするべきですし、

それが社会貢献にもなるのです。

公務員が会社を買うべき理由は以下のとおりです。

  • サラリーマンより時間的な余裕がある。
  • 金銭的な安定がある。
  • 組織内の課題等がわかる。
  • 中長期的なまちづくりの視点がある。
  • 組織マネジメントができ、刺激を受けることができる。
  • 会計の勉強ができ、本業でも活かせる。
  • 石橋を叩いて渡る人が多いため、よりローリスクにハイリターンを狙える。
  • 退職後のリスクヘッジができる。
  • 補助や制度に詳しい。

など、ここには書き尽くすことのできないほど、理由があります。

個人M&Aはローリスク・ハイリターンが可能?

本書の内容を一部まとめますと、

会計の知識さえ着実に身につければ、

個人でも「ローリスク・ハイリターン」が

狙えます。

特に財務分析をせずに株式投資をする人が多くいる中、

きちっと会計知識を身につけ、実際に行動をすることで、

多くの人の株式投資よりも

「ローリスク・ハイリターン」が可能となります。

副業がいつしか本業に

そのように、会計知識を身につけ、行動をしていくことで、

三戸さんは、

「億のリターンを得れるほどの資本家にもなれる」

ということを主張されています。

それも決して絵空事ではなく、本書を読み、実行することで、

不可能ではないことなのです。

コロナ禍に中小企業の倒産が増えている今だからこそ、

本書が公務員にも読まれ、

少しでも日本や地域が良くなることが望まれます。

-ライフ

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5