コラム

地方交付税制度が諸悪の根源である。

地方交付税とは?

地方交付税とは、国が地域に関わらず、

一定の行政サービスを担保することを目的として、

国から地方に交付されるお金のことです。

頑張らない方が救われる?

これの何が問題なのでしょうか。

問題は、先ほど述べた制度目的にあります。

地方交付税制度の目的は、少し詳し目に言えば、

「地方公共団体間の財源の不均衡を調整し、

どの地域でも一定の行政サービスを

提供できるよう財源を保障すること」です。

「不均衡を調整」するのは、良いのですが、

問題は、「頑張らない(経営努力をしない)

自治体をも救済している」ことです。

経営努力する気を奪う制度?!

自治体の中には、人件費の削減や無駄な施設の償却など

経営努力をしている自治体は、一定数あります。

そのような自治体がある中、無駄な人件費を延々払い続け、

無駄な施設を維持するだけでなく、

新設したりする自治体も多々あります。

こんな自治体にも、多額の地方交付税が支払われ、

財政が維持されていくのです。

この制度によって、自治体は努力せずとも、

ある程度の財政を維持できるのです。

諸悪の根源は、

この地方交付税制度にあるかもしれません。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5