行政

現金主義をわかりやすく解説

現金主義とは?

会計処理の方法は、「現金主義」と「発生主義」のいずれかに分類ができます。

一般的なのが「発生主義」になるので、そうでない会計処理方法が「現金主義」です。

収益及び費用を、現金収入及び現金支出に基づいて計上する考え方のことです。

わかりやすく言えば、帳簿にお金の出入金を記載していくだけの会計処理方法です。

(資産がいくらできたとか、そう言ったことはあまり考えない。)

収益と費用の対応関係が明確ではなく、信用取引が発達し、

多くの固定資産を保有する現代の企業会計では、基本的に使われることはありません。

しかしながら、国や地方公共団体の多くは、現金主義が採られています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5