法律

自働債権をわかりやすく解説

自働債権とは?

相殺をする時に、相殺を望む当事者が、相手方に対して持っている債権のことです。

例として、XとYの間の法律関係を考えます。

XがYに対して200万円の債権を有しており、YがXに対して300万円の債権を有しているとします。

XがYに相殺の意思表示をすれば、Xの債務は100万円に減ります。

この時のXがYに対して有している債権200万円が「自働債権」です。

これに対して、YがXに対して有している債権300万円が「受働債権」になります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5