行政

発生主義をわかりやすく解説

発生主義とは?

財産の価値増減の事実が発生した時点を基準とする考え方のことです。

発生主義は掛取引や減価償却などを計上できるため、正確な財務状況が把握できると言えるでしょう。

企業会計では、原則は発生主義です。

「発生主義」の反対が「現金主義」で、一般的にはあまり使われませんが、

国や公共団体等で使われています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5