行政

ラスパイレス指数をわかりやすく解説

ラスパイレス指数とは?

国家公務員の給与を100として、地方公務員の給与水準を示す指数のことです。

ラスパイレス指数が100を超えると、国家公務員の給与水準よりも高いと一般的には言われています。

ラスパイレスというのは、人の名前でドイツの経済学者です。

ラスパイレスさんが提案した指数だからラスパイレス指数というそうです。

ラスパイレス指数の計算方法

ラスパイレス指数は、職員数に平均給料月額を掛け合わせたものを比較します。

参考までに、具体的な例を以下に記します。

区分国家公務員の給与職員数A市役所の給与職員数
24歳
30歳
20万円
25万円
6人
4人
18万円
24万円
5人
5人
22万円10人21万円10人

ラスパイレス指数:国家公務員の給与水準を100とした場合のA市役所の給与水準

{(18万円×5人+24万円×5人)/(20万円×6人+25万円×4人)}×100=95.5

ここでは、A市役所のラスパイレス指数は、95.5ということになります。

ラスパイレス指数の変動要因

給料表の改定方法や構造等について、国と異なった措置が行われた場合にラスパイレス指数は変動します。

具体的には、以下の場合が想定されます。

  • 給料の改定率が異なる場合
  • 昇給短縮、延伸を行った場合
  • わたり又は運用昇短が行われる場合
  • わたり運用基準の変更等を行った場合
  • 初任給基準の改定を行った場合
  • 職員構成が変動した場合
  • 調査表作成方法を変更した場合
  • 組織や管理職ポストが異常に多い場合

ラスパイレス指数ランキング

ラスパイレス指数は、特に地方公務員の給料について、報道される時に話題になる指標です。

全国市町村のラスパイレス指数ランキング(H31)は、次のとおりです。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5