行政

「要綱」をわかりやすく解説

要綱とは?

「行政内部において定められる行政指導に関する基準」のことです。

外部に対して拘束力は持ちません。

解説

「要綱」は、法規ではありません。

しかし、行政ではあたかも法規であるかのように「要綱」を絶対視することがあります。

宅地開発など規制が必要になる場面で、よく出てきます。

先日も、太陽光発電の許認可について話を聞きました。

担当者は、「許可したくない」らしいのですが、一定の条件が揃えば、法的には許可しなければならないそうです。

法的に許可しなければならないのであれば、「許可したくない」担当者の思いなど関係ないのですが、「要綱」という行政内部の取決めを持ち出し、業者に「ああしろ、こうしろ」「住民に合意を取れ、同意書をもってこい」などと言い、時間を稼ぐことがあるということです。

「要綱」は法規ではありません。

法規に基づいて仕事をするのが、公務員の仕事です。

「要綱」はあくまで目安であって、絶対視するのはやめましょう。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5