行政

一億総木っ端役人化現象をわかりやすく解説

一億総木っ端役人化現象とは?

国権の最高機関である国会の議員(政治家)ですら、政治的な決定をせずに、木っ端役人になり下がってしまう現象のことです。

問題の本質からかけ離れた議論ばかりが多く、法律的偏向の議論が多い国会をはじめ、日本人を憂いたものです。

政治学者である小室直樹氏が、著書「ソビエト帝国の崩壊―瀕死のクマが世界であがく (カッパ・ビジネス)」の中で表現しています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5