行政

納税者訴訟をわかりやすく解説

納税者訴訟とは?

地方自治体の違法な財務処理について、納税者の立場で裁判所に訴えることです。

元々はアメリカの制度で、日本の地方自治制度として導入されましたが、現在では「住民訴訟」制度に変更され、「納税者訴訟」制度はなくなっています。

現在の「住民訴訟」制度では、納税の有無にかかわらず、住民であり、かつ住民監査請求を行えば、住民訴訟を提起することができます。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5