用語

IPEFをわかりやすく解説

IPEFとは?

IPEFとは?

アメリカが主導する新経済圏構想のことです。

IPEFは「Indo-Pacific Economic Framework(インド太平洋経済枠組み)」の略称で、読み方は「アイペフ」です。

加盟14カ国で世界の国内総生産の4割を占めています。

参加国には、

  • 日本
  • 韓国
  • インド
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • インドネシア

など14カ国あります。

IPEFの目的

IPEFを主導するアメリカには、

  • 中国や一帯一路構想への対抗
  • TPP離脱による影響力の低下を回復したい

などの狙いがあります。

IPEFの目的としては、

  • 半導体の備えなど重要物資のサプライチェーンを強化
  • 脱炭素の取り組みを推進
  • 貿易の円滑化

などがあります。

IPEFとTPPについて

IPEFとTPPの加盟国については以下のとおりです。

IPEFのみIPEFとTPPTPPのみ
アメリカ、インド、タイ、フィリピン、フィジー、インドネシア日本、オーストラリア、ブルネイ、ニュージーランド、ベトナム、シンガポール、マレーシア、韓国(予定)カナダ、メキシコ、ペルー、チリ、イギリス(予定)、中国(予定)、台湾(予定)

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5