法律

会社法第295条をわかりやすく解説〜株主総会の権限〜

条文

第二百九十五条 株主総会は、この法律に規定する事項及び株式会社の組織、運営、管理その他株式会社に関する一切の事項について決議をすることができる。

 前項の規定にかかわらず、取締役会設置会社においては、株主総会は、この法律に規定する事項及び定款で定めた事項に限り、決議をすることができる。

3 この法律の規定により株主総会の決議を必要とする事項について、取締役、執行役、取締役会その他の株主総会以外の機関が決定することができることを内容とする定款の定めは、その効力を有しない。

わかりやすく

株主総会は、「この法律にあること」と「会社の組織や運営など全てのこと」の決議をすることができる。

取締役会のある会社の株主総会は、「この法律にあること」と「定款(会社のルール)で決めていること」の決議をすることができる。

株主総会の決議が必要な事柄について、「取締役、執行役など」が決定することができる定款(会社のルール)は、効力がない。

ということです。

解説

株式会社における「株主総会」というのは、非常に重要なものになります。

株式会社の「最高意思決定機関」が、「株主総会」です。

「株主総会」では、株主を構成員とし、株式会社の基本方針や重要事項の決定をします。

国家で言うところの「国会」と同じです。

本条文では、その非常に重要な「株主総会」について、書かれています。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5