法律

証明責任をわかりやすく解説

証明責任とは?

挙証責任とも言います。

証明責任は、客観的証明責任と主観的証明責任に分類されます。

客観的証明責任とは、事実が真偽不明の場合に、判決で、法律効果の発生が認められないと不利益を受けることになる一方当事者の負担のことです。

主観的証明責任とは、客観的証明責任から生じるもので、勝訴するためには、証明責任を負う主要事実を証明しなければならないという一方当事者の行為責任のことです。

貸金返還請求訴訟を例にとると、

本訴訟では、弁済の有無は債務者が証明しなければならず、弁済の有無が明らかにならなかった場合は、弁済がなかったものとされます。

債務者が弁済の事実について証明責任を負っているのです。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5