法律

「地方議会議員懲罰事件(最大判昭和35.10.19)」をわかりやすく解説。

事件の概要

新潟県山北村議会が、村議員2名を3日間の出席停止とする懲罰を決議。

2名の議員が、決議の無効の確認及び取消しを求める訴えを提起。

判決の概要

(2名の議員の)上告棄却。

地方議会議員に対する出席停止の懲罰決議は、司法審査が及ばない。

事件・判決のポイント

判決では、

「自律的な法規範をもつ社会ないし団体にあっては、

当該規範の実現を内部規律の問題として自治的措置に任せ、

必ずしも、裁判にまつを適当としないものがあるからである。」

とされました。

地方議会の懲罰には、戒告、陳謝、出席停止、除名

の4種類があり、出席停止に関しては、

司法審査の対象にならないとされました。

この後、60年間はこの判例が生きていたということになります。

最新の地方議会における議員の出席停止に関しての最高裁判決は、

「岩沼市議員出席停止事件(最大判令和2.11.25)」を参照してください。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5