先進事例

PFI手法による総合体育館整備運営事業(静岡県袋井市)

背景

  • 施設の老朽化(供用から40年以上が経過)
  • 耐震性能が不十分
  • 大規模災害時の避難所として利用できない状況

事例の概要(実施主体:市)

本事業の主な目的は以下の2点になります。

  • 市内スポーツの拠点施設として、競技スポーツの向上と市民スポーツを通じた交流の活性化
  • 大規模災害発生時には、市の防災拠点施設や指定避難所として使用できるようにすること

事業主体:袋井市

事業方式:PFI(BTO方式)混合型+付帯事業(独立採算) (※付帯事業:カフェ)

事業期間:平成29年2月~令和17年3月(18年1ヶ月)

契約金額:約62億円

VFM:3.59%(事業者選定時)

施設概要:アリーナエリア、トレーニングエリア、コミュニティエリア、 屋外施設(緑地広場、ウォーキングコース等)

SPCの構成企業:リース企業(代表)、建設企業、維持管理企業、運営企業

スケジュール:

  • 平成26年3月 袋井市総合体育館整備構想
  • 平成27年4月 袋井市総合体育館基本計画
  • 平成28年1月 実施方針等の公表
  • 平成28年6月 募集要項等の公表
  • 平成28年12月 優先交渉権者の選定
  • 平成29年2月 事業契約等の締結
  • 令和元年12月 プレオープン
  • 令和2年4月 供用開始

効果

PFI手法導入により、民間事業者の創意工夫で、魅力ある施設を実現。

体育館のみならず、会議室、研修室、キッズルームを備え、敷地内には大型遊具のある緑地広場やカフェを併設。

多世代が利用し、交流できる施設になり、利用者が大幅増加した。

袋井市の概要

場所:静岡県西部

人口:約88,000人 (R4.1現在)

面積:108.3 km²

(参考)袋井市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5