法律

労働契約法第2条をわかりやすく解説〜労働契約法の定義〜

条文

第二条(定義)

この法律において「労働者」とは、使用者に使用されて労働し、賃金を支払われる者をいう。

2 この法律において「使用者」とは、その使用する労働者に対して賃金を支払う者をいう。

わかりやすく

この法律では、

「労働者(サラリーマン)」とは、雇われ、働き、お金をもらう人。

2 「使用者(雇用主)」は、従業員にお金を払う人。

を指します。

解説

シンプルな労働契約関係であれば、本条文は問題になりませんが、

親会社、子会社、従業員という関係があり、

実質的な雇用主が親会社なのか、子会社なのか、

そういったことが問題となる場合は、

本条文を読み解いていく必要があります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5