法律

労働契約法第6条をわかりやすく解説〜労働契約の成立〜

条文

第六条(労働契約の成立)

労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。

わかりやすく

労働契約は、従業員が会社に雇われ、労働し、会社がこれに対して給料を払うことについて、従業員と会社が合意することで成立する。

解説

労使関係の基本的な部分です。

労働者は会社に対して「労働」を提供します。

一方、会社は労働者に対して「給料」を支払います。

この「労働」と「給料」のトレードが労使関係の基本です。

これには「合意」がいるということです。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5