法律

労働契約法第5条をわかりやすく解説〜安全配慮〜

条文

第五条(労働者の安全への配慮)

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

わかりやすく

会社は、従業員の生命、健康など安全を確保し、働けるように、配慮するものとする。

解説

会社には、従業員への「安全配慮義務」というものがあります。

安全に働ける環境をつくるのが、会社の責任でもあります。

仕事に関して、健康に支障をきたしそうになったら、

労働契約法の各条文を読み、特に本条文を読めば、

法律を後ろ盾として、自身の正当性を主張することができるでしょう。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5