用語

特定少年をわかりやすく解説

特定少年とは?

特定少年とは?

特定少年とは、少年法の中で、事件を起こした18、19歳のことを指します。

2022年4月から施行される改正少年法では、「特定少年」について、原則として家裁から検察官に送致(逆送)する対象犯罪が拡大されています。

対象犯罪には、「故意に人を死亡させた事件」(殺人など)に「死刑、無期、法定刑の下限が1年以上の懲役・禁錮に当たる事件」(現住建造物等放火罪、強盗罪、強制性交等罪、組織的詐欺罪など)が加えられました。

特定少年の起訴後は20歳以上と同様の裁判を受けることとなります。

顔写真など本人特定につながる「推知報道」については、これまで禁止されていましたが、起訴後の特定少年については、禁止が解除されています。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5