先進事例

空き家や別荘の所有者への課税「非居住住宅利活用促進税」の導入(京都府京都市)

背景

  • 空き家の増加
  • 空き家に伴う地域コミュニティの希薄化

など

事例の概要

空き家や別荘の所有者に対して「非居住住宅利活用促進税」として課税制度を導入。

課税徴収については、都市計画で定める市街化区域内に限定。(京町家や歴史的建造物、事業所などは対象外)

居住実態については、現地調査を踏まえ、判断する。

家屋の固定資産評価額が100万円未満の物件については、制度導入から5年間は課税を免除。

効果

約8億円の税収効果を見込み、道路や橋、危機管理体制などを維持するための財源ねん出。

地域コミュニティーの活性化や居住促進。

京都市の概要

場所:関西地方中央部

人口:約1,444,000人(R4.4現在)

面積:827.8 km²

(参考)京都市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5