用語

アドボカシーをわかりやすく解説

アドボカシーとは?

アドボカシーとは?

アドボカシーとは、「ある当事者のために声をあげること」です。

もう少し詳しく言うと、「困っていたり、権利を侵害されている当事者に代わって、声をあげ、権利を主張すること」です。

例えば、親から虐待をされている子どもが「助けてほしい、保護してほしい」と思っていても、声をあげれない場合、その気持ちに気付いた周囲の大人がその子の代わりに、声をあげる(学校や児童相談所に相談するなど)ことがアドボカシーです。

アドボカシーをする人のことをアドボケイトと言います。

アドボカシーの5類型

アドボカシーは、以下の5つの種類に分類されます。

  • セルフアドボカシー
  • 制度的アドボカシー
  • 非制度的アドボカシー
  • ピアアドボカシー
  • 独立(専門)アドボカシー

セルフアドボカシー

当事者自身が権利、要望などを自ら主張することです。

制度的アドボカシー

行政サービスとして、当事者を支援する専門性を有する職員等によるアドボカシーのことです。

非制度的アドボカシー

家族、友人などの身近な人によるアドボカシーのことです。

ピアアドボカシー

同じ経験、背景を持つ仲間(ピア)によるアドボカシーのことです。

例として、同じようにいじめ・不登校の経験がある人同士によるアドボカシーなどがあります。

独立(専門)アドボカシー

独立性を持ったアドボカシーのことです。

第三者機関として、行政機関ではなく、外部機関が担うことが基本となります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5