先進事例

ふるさと納税ができる自動販売機の設置(神奈川県湯河原町)

背景

ふるさと納税は、インターネットから寄付を申し込みを行い、約1カ月後に返礼品が届く仕組み。

湯河原町は、タイムラグを生むことなく、同町を訪れた人がその場で寄付ができる仕組みを模索していた。

事例の概要

神奈川県藤沢市に本社を置く、IT企業「グローキーアップ」がふるさと納税自販機をリリース。

町外利用者の多いゴルフ場に自動販売機(タッチパネル式)を設置。

項目は1万円未満から30万円以上で、返礼品は寄付額に応じたゴルフ場利用券。

返礼品を選び、現金やクレジットカードで入金すると、返礼品に引き換えられるレシートが出てくる。

免許証を機械にかざせば氏名や住所が自動入力され、手続きは数分で完了。

後日、税控除に必要な書類は自宅に郵送される。

効果

ふるさと納税の増加

実際に訪れた場所でふるさと納税をすることで、地域や関係性のあるふるさと納税が可能に(ウェブ上での返礼品合戦からの脱却)

湯河原町の概要

場所:神奈川県の南西部

人口:約23,000人(R3.10現在)

面積:40.99 km²

(参考)湯河原町

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5