用語

売却基準価額をわかりやすく解説

売却基準価額とは?

売却基準価額とは?

競売で不動産を購入する場合に目安とする金額のことです。

不動産競売では、評価人(主に不動産鑑定士)の評価に基づいて、裁判所が不動産売却の基準となる金額を定めます。

買受けの申し出金額は、売却基準価額の8割以上でなければなりません。

競売の流れ

不動産競売の流れは以下のとおりです。

  1. 競売の申し立て
  2. 裁判所の執行官と不動産鑑定士が対象不動産を調査し、評価価格を設定
  3. 評価書をもとに裁判所が売却基準価額(市場の4、5割であることが多い)を決定
  4. 競売

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5